ウェブサイトをSSL化する

はじめに

ウェブサイトをSSL化する方法を説明します。

注意事項

  • ウェブサイトのSSL化には「wwwあり」と「wwwなし」、両方のドメインでウェブサイトにアクセスできる必要があります。
  • 本サービスではウェブサイトのSSL化に必要なSSL証明書の発行にLet’s Encryptを利用しています。
    • SSL機能の利用にはLet’s Encryptの利用ポリシーへの同意が必要です。
    • Let’s Encryptの制限により、ドメインによってはSSLを有効にできない場合があります。
    • Let’s Encryptの仕様変更により、SSLが利用できなくなる場合があります。

手順

SSLを有効化する

  1. コントロールパネルからドメイン設定にアクセスします。
  2. 表示されたドメインの一覧からSSL化したいウェブサイトのドメインを探して有効にするボタンをクリックします。
  3. 注意事項を確認し、問題なければSSLを有効にするボタンをクリックします。

WordPressをHTTPSに対応させる

ウェブサイトをWordPressで作成・管理している場合、ウェブサイトにHTTPS(https://...)でアクセスすると表示が崩れることがあります。表示が崩れた場合、以下の手順を参考に、WordPressをHTTPSに対応させてください。

1. WordPressの管理画面にログインする

http://<ウェブサイトのドメイン>/wp-login.phpにアクセスし、WordPressの管理画面にログインします。

2. Really Simple SSLプラグインをインストールする

ここではReally Simple SSLプラグインを使用して、WordPressをHTTPSに対応させます。

Really Simple SSLプラグインのインストール手順は以下の通りです。

  1. ダッシュボード > プラグイン > 新規追加にアクセスします。
  2. Really Simple SSLプラグインを検索します。
  3. Really Simple SSLプラグインをインストールします。

3. Really Simple SSLプラグインを有効化する

ファイルの権限について

Really Simple SSLプラグインはwp-config.phpファイルを変更するため、該当のファイルへの書込み権限が必要です。プラグインの有効化時にエラーが発生した場合は、wp-config.phpファイルへの書込みが許可されているかどうかを確認してください。

  1. ダッシュボード > プラグインにアクセスします。
  2. Really Simple SSLプラグインを有効化します。
  3. SSLを有効化します。
  4. WordPressにログインし直します。